flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

DYNAMIC CHORD act.5「Spirits」

脚本:勝冶京子 絵コンテ:影山楙倫 演出:湖山禎崇 作画監督:山科和佳菜、秦知世、大久保修、重松晋一、飯塚葉子、松本弘、松岡秀明、片山美和、野口征恒、岡昭彦、徳田拓也、近藤瑠衣

【概要】

合宿地でLiar-Sがいなくなったという知らせを聞いた[rêve parfait]の4人だったが、買い出しの最中にLiar-Sのメンバーたちと出会う。偶然にもLiar-Sは、合宿所近くにあるメンバーの結崎芹の親戚が経営するリゾートマンションに集まっていた。姿を消したことをLiar-Sに口止めされる[rêve parfait]だったが……。

【感想】

メンバー4人がまとまっていたこと、その理由がうかがえることから、Liar-Sの失踪には依都のときのような不可解な空気はない。面白かったのは、神社で[rêve parfait]のフロントマンである玲音から逃げた村の少年が、Liar-Sのフロントマンである朔良を村祭りに誘ったくだり。ロックバンドのパブリックイメージとも言えるワガママな行動に、すたれゆく地域の伝統行事である村祭りを重ねてみせる力技がすごい。そこから逃げ出した朔良が見せるであろうLiar-Sのドラマが楽しみになる。