flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

[宝石の国]宝石の国 第四話「魂・肉・骨」

脚本:ふでやすかずゆき 絵コンテ:タムラコータロー 演出:松見真一 CGディレクター:都田崇之

【概要】

シンシャのアドバイスによって、巨大カタツムリの殻の一部から回収、再生させられたフォス。巨大カタツムリの成れの果てであるナメクジとただ一人会話ができるフォスは、金剛先生からその相手を任されるが……。

【感想】

サブタイトルのとおり、人間の構成要素が三分割した遠い未来という設定が面白い。肉から進化したウェントリコススが鉱物を取り込んでの殻を形成したり、肉でしかなかったアドミラビリス族や骨でしかなかった宝石たちが人格を持つに至ったり。そうなると、魂だけで器を持たない月人のリミットが伝わってくるような気がする。宝石でありながらもろさゆえのしなやかさを備えたフォスの存在が、三種族の架け橋になってくれる、そんな夢想をしてしまう。