flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ボールルームへようこそ Heat.18「背番号13」

脚本:末満健一 絵コンテ:吉田泰三 演出:いとがしんたろー 作画監督:片桐貴悠、小川エリ、荒木弥緒、千葉崇洋

【概要】

いよいよ東京都民ダンススポーツ大会A級戦が始まる。フロアの内外で衝突しながらも審査員たちの注目を集める多々良と千夏のペアは、フルチェックで一次予選を通過する。それでも多々良への不満を口にする千夏だったが、客席から雫、賀寿、真子と見守る兵藤の見立ては違っていた。

【感想】

暴れ馬たる千夏を乗りこなせない多々良の内面がきしみを上げながら伝わってくるかのよう。「わからない」と言われた相手から「臆病者」と言われてしまう理不尽、それを受け入れつつダンスで跳ね返す多々良の精神力に脱帽するほかない。感情で動くという兵藤の多々良評が、明へのライバル意識に突き動かされている千夏に並び立つ瞬間が待ち遠しい。