flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

戦刻ナイトブラッド 第6話「上杉ディスコード」

脚本:千葉美鈴 絵コンテ:大畑晃一 演出:藤原和々 作画監督:関根千奈未、中熊太一、佐藤このみ、柳瀬雄之、飯飼一幸、川添亜希子、中村佑美子

【概要】

厄魔の襲撃から逃れている最中に半兵衛とはぐれてしまった結月は、上杉謙信に保護される。脚のケガをした結月の世話を仰せつかったのは、謙信の養子であり後継者である上杉景勝。年齢が近いことから結月と打ち解けた景勝だったが、結月のケガの回復が思わしくなく。そんな中、景勝は隣国への援軍の指揮官に指名されるが……。

【感想】

倒れていった名もなき武将たちへの弔いを忘れない謙信が見せる包容力に、血気盛んな秀吉とのギャップもあって落ち着く。そんな上杉軍ならではの空気ゆえに、神牙に慣れたこともあるだろうが、次第に自身の意志を見せ始めた結月の変化にもうなずける。自信のなかった景勝を勇気づけた結月に向けられた謙信の返礼として、ただ一人のために演奏される琵琶の調べが美しい余韻を残してくれた。結月にはこのまま上杉軍にとどまってほしいと思えたほどに。