flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ラブライブ!サンシャイン!! 第2期 第6話「Aqours WAVE」

脚本:花田十輝 絵コンテ:渡邊哲哉 演出:綿田慎也 ライブパート演出:志賀翔子、八木郁乃 作画監督:中本尚、吉川真一、渡邊敬介 ライブパート作画監督:後藤望、永富浩司、水野辰哉

【概要】

ラブライブ!地区大会の夜までに100人の入学希望者を集めなければならない。ところが残り1ヶ月を切った現在の入学希望者は57人。地区大会では出場校の生徒が応援に来るため、生徒数が少ない浦の星女学院は不利だった。そんな中、3年生たちは、かつてラブライブ!に挑んで失敗した高難易度のフォーメーションの採用をめぐって意見が分かれていた。

【感想】

超常的なまでにひたすら前向きな千歌がメインになると、それほどの感慨がわいてこないというか。千歌に引っ張られた他のメンバーたちが見せる陰影がシリーズの魅力と思っているので、それを反転されると単なるネガポジ以上に印象が大きく変わる。あえてポイントを挙げるなら、先輩の果南から後輩の千歌に伝承されるスクールアイドルの精神というべきもの。アクロバティックなパフォーマンスは、千歌やAqoursに合っているとは思えなかったけど。