flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

戦刻ナイトブラッド 第7話「伊達ダブルフェイス」

脚本:金杉弘子 絵コンテ:藏本穂高 演出:藏本穂高 作画監督:朝岡卓矢、神田岳、服部益美、五十川久史、ごとうじゅんじ、二宮奈那子、岩永浩輔、齋藤香織、大原大、清水勝祐

【概要】

上杉軍に保護されていた結月のもとに豊臣の使者がやってくる。結月を連れ出した使者は伊達政宗の変装だった。厄魔に襲われた伊達主従は、近くの古寺に避難する。そして結月は寺の蔵に閉じ込められてしまう。一方で、伊達の動きを察知した豊臣軍、真田軍は動き出していた。

【感想】

結月の居場所が他陣営に筒抜けな脇の甘さは、間者による諜報網が発達していると好意的に解釈するとして。上杉による手厚い保護とは裏腹な、殺風景な蔵に閉じ込めるという伊達のギャップが効いていた。古寺に滞在せざるを得ない緊急事態であったとしても、言葉とは正反対という政宗の本心を強調してくれる。