flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

TSUKIPRO THE ANIMATION #7「Above the best」

脚本:山田由香 絵コンテ:岩畑剛一 演出:山口頼房 作画監督:木村なづき、橋本正則、添田直子、かわむらあきお、秦野好紹

【概要】

QUELLの壱星と壱流の久我兄弟に話題の演出家、野本真也が手がける舞台出演のオファーがくる。芝居の経験がほとんどないことから不安いっぱいで顔合わせに臨んだ壱星と壱流。二人の担当役はその生い立ちをほうふつとさせるものだった。渡された台本を読んだ壱星は、脚本への違和感を口にしてしまう。

【感想】

リーダーの和泉柊羽がメインだった第3話を思い起こしながら、繊細でありながら大胆でもある久我兄弟の奮闘に、幻想的でありながら情熱的なQUELLの音楽性を重ねてみる。今のところ柊羽のワンマンに見えるQUELLは発展途上なのかもしれないが、それはユニットが内包する複雑さのほんの一面でしかないのかも。四人の重厚なハーモニーが霧のように頭の中をこだまする。