flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ネト充のススメ 第8話「一歩前へ踏み出した」

脚本:山田由香 絵コンテ:田中雄一 演出:橋口淳一郎 作画監督:南伸一郎、今橋明日菜

【概要】

ゲーム内で小岩井と会話するために、Mollyという臨時キャラクターでログインする。桜井はMollyの容姿に学生の頃プレイしていた『ナンターラサーガ』で仲良くなった「ユキ」というプレイヤーを思い出す。遅れてログインした自分の臨時キャラクターに「Harth」という名をつけてしまった桜井は……。

【感想】

つらかったであろう会社員時代の彼女にとって救いだったゲームでの交流。ゲームで彼女に元気をもらった学生はどん底から立ち直り、社会人となって自立する。かつて元気を与えてくれたリアルの彼女は、苦しみからドロップアウトしていた……。「ユキ」としての森子が桜井だった「ハース」に精いっぱいの見栄を張っていたという告白に涙が止まらなかった。現実逃避から自身を偽っていても、ドロップアウトした現在を自虐しても、森子の「一生懸命」「真面目で優しい」本質は変わらない。その心の叫びがハースとリリィを介して桜井に届いたのだと。