flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

戦刻ナイトブラッド 第8話「織田ブランダー」

脚本:綾奈ゆにこ 絵コンテ:きみやしげる 演出:小坂春女 作画監督:吉田肇、嘉村弘之、柳瀬雄之、ごとうじゅんじ、神田岳、臼田美夫

【概要】

政宗と幸村は織田軍から結月を守ろうとするが、結月は信長に連れ去られてしまう。それを聞いた秀吉は、結月救出に焦ることなく、町の復興と軍の立て直しを優先しつつ、気になっていた厄魔の出没について調べ始める。厄魔について調べていたのは信長も同じだった。

【感想】

たらい回し(失礼)にされた各軍にて武将たちをとりこにする結月というパターンに(原作媒体由来と承知はしつつも)新鮮味は乏しい。信長の苛烈さもソフィスティケイトされているが、神牙の世界そのものが姫神子の代わりである結月を守ろうとしていると考えれば、不満を述べるのはお門違いなのかも。姫神子の失踪と最古の厄魔の出現が一致していたという過去に、神牙の恒常性のような作用が連想されるとともに、月牙族と結月の関係が浮かび上がってくる。さて、どこまで突っ込んでくれるのやら。