flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Dies irae #07「スワスチカ」

脚本:正田崇 絵コンテ・演出:冨永恒雄 作画監督:小倉恭平、岡辰也

【概要】

目を覚ました蓮は地下室に拘束されていた。そこにやってきた玲愛によって蓮は拘束を解かれる。玲愛はトリファたちの影響で蓮と同じような悪夢を見るようになっていた。トリファに導かれてラインハルトに引き合わされた蓮は、黒円卓のおぞましい野望を打ち砕くことを宣言する。

【感想】

既知感にさいなまれるラインハルトへ送り込まれた切り札が、小さな幸せを守ろうとする蓮だったこと、メルクリウスの想定通りなのかどうかは知る由もないが、破壊へのカウンターとして納得することにしたい。千単位あるというカール・クラフトの別名に与えられた、泥から生まれた花の名には、破壊に対する再生が込められているだろうから。巻き込まれ苦悩する玲愛をきっかけにラインハルトへの怒りをむき出しにする蓮の流れは分かるが、もったいつけたセリフ回しでニュアンスが伝わりにくいのがもどかしい。