flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ボールルームへようこそ Heat.22「リーダーパートナー」

脚本:末満健一 絵コンテ:田中雄一 演出:江副仁美 作画監督:本田真之、奥野治男、米川麻衣、荒木弥緒、大島貞生

【概要】

かつての自身をほうふつとさせる多々良にいら立ちを覚える釘宮は、ダンスの世界に飛び込んだ頃を思い出していた。一方で、可動域が広がったリーダーの動きに振り回されていた千夏は、多々良に合わせようと踏ん張る。そんな二人の試行錯誤がオーディエンスをつかんでいく。

【感想】

自己否定ここに極まれりな釘宮による基本に忠実なダンスは、パフォーマーである限り永遠に続く苦しみへの彼なりの回答。それを軽く超えていくような、衝突と接近を繰り返す多々良と千夏によるライブ感。ピーキーでパワフルなエンジンにきしみを上げていたボディーが、しなやかなサスペンションと強靭なシャシーとブレーキを得てたどり着いたダイナミズム、といったおもむき。相手の内面が分からなくとも、リーダーとパートナーとしての接点のみがパフォーマンスを飛躍的に向上させる。兵藤から真子への問いかけに多々良の潜在能力が象徴されていた。