flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Wake Up, Girls!新章 第10話「WUG!と言えば……?」

脚本:松田恵理子 絵コンテ・レイアウト:板垣伸 演出:田辺慎吾 作画監督:菅原美幸

【概要】

早坂から楽曲提供の条件として歌詞作りを課せられたWUG!だったが、ソロの仕事が増えてきて、リハーサルの時間すら確保できない状況。そんな中、実波と菜々美がケンカしてしまう。さらには、ドラマ収録から合同リハーサルに遅れた理由を隠していた真夢に、リーダーの佳乃がいら立ちをぶつける。

【感想】

ドラマ収録のための東京行きの前にホワイトボードに残した真夢のメッセージがポイント。メンバーそれぞれに向けた細かい書き込みは、誠実な彼女の人柄が現れていたし、それをあっさり消してしまった大掃除は真夢だけに頼らないWUG!の団結を示唆するかのようだった。確保できないリハーサル時間、かんばしくないチケットの売れ行き、いっこうに決まらない歌詞、フラストレーションがたまる要素ばかりながら、散漫だった七人がとっちらかったまま足りないものを埋め合っていくライブ感が素敵。それが歌詞のアイデアとなるカタルシス