flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

DYNAMIC CHORD act.9「Roots」

脚本:勝冶京子 絵コンテ:影山楙倫 演出:藤本義孝 作画監督:Hue Hey-Jung

【概要】

apple-polisherのベーシスト、KUROこと黒沢忍は、メンバーたちをブドウ畑にあるワイナリーに連れてくる。不満を言いつつブドウの収穫を手伝わされるメンバーたちだったが、できたワインを通じて自分たちの原点について再確認する。そして、[rêve parfait]とのツーマンライブの日がやってくる。

【感想】

のどかなブドウ畑における収穫作業で吹っ切れるバンドマンたちという不思議な流れ。バックステージから[rêve parfait]を圧倒するようなオーラを見せつけたapple-polisherが演奏する『BACK 2 SQUARE 1』、切れの良いギターリフに合わせた天城成海の自転車疾走シーンが格好良く見えてしまった。今回のゴタゴタの原因を開き直るかのようだ。いつもよりもたっぷりと尺をとった回想交じりのライブパートが印象的。ただ、キーパーソンである道明寺辰哉の青井有紀を介したメッセージは、伝わったような伝わらなかったような……。