flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

戦刻ナイトブラッド 第10話「確執ターミナス」

脚本:金杉弘子 絵コンテ:大畑晃一 演出:前園文夫 作画監督:白鳥弘公、飯飼一幸

【概要】

町の復興と自軍の立て直しを一段落させた秀吉は、結月を助け出すため単身で織田領に乗り込む。秀吉を城内に招き入れた信長は、その意思を試そうと拳銃を渡す。

【感想】

秀吉と信長がたもとを分かったきっかけとなった「本能寺」の脚色がおもしろい。その野心を見抜いて助けに駆けつけてくれた秀吉を突っぱねた信長の本心。事情を知らなかった光秀の才覚を生かしたとも、秀吉の野心に神牙の今後を託したとも。結月救出をこらえて領民を優先した秀吉の判断に、信長の志が息づいているように見えた。苛烈さばかりが語られる信長にこうあってほしい、という作り手(ファン)の願望なのかもしれない。いずれにせよ、結月を要として厄魔を共通敵とする換骨奪胎に感心させられた。おかげで、結月をあっさりと秀吉に返した信長の意図もなんとなく想像できる。