flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

結城友奈は勇者である -勇者の章- 第四話「秘めた意志」

脚本:タカヒロ 絵コンテ:福岡大生 演出:北川正人 作画監督:小島唯可、寿夢龍

【概要】

「お役目」のことを言い出せぬまま年が明ける。風が退院して五人での年始を楽しもうと気丈にふるまう友奈。そんな友達の異変を勇者部の数名は気づいていた。

【感想】

友奈の隠し事が明るみになるまでのスピード感、インスタントというよりは、残り少ないリミットに仲間たちが必死になってくれた証と好意的に受け止めたい。コミカルに演出された美森によるストーカーまがいのアプローチも、かつて救われた大恩を思えば、ひとり苦しむ友奈へのエールに思えてくる。ぶっきらぼうな夏凜による思いやりに報いることができない友奈の苦しみが、みなに共有されてクライマックスへのおぜん立てはそろった。風と樹も友奈の異変に気がつく描写があればなお良かったが。