flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2017年を振り返って

2017年私的テレビシリーズアニメベスト5は以下のとおり(順不同)

トータルで完成度が高かったシリーズはほかにもあったけど、好みを加えるとこうなった。『LWA』は古典的な魔女もののTRIGGER流表現。『ACCA』は大陸をまたにかけるお仕事ものとしての広がりと奥行き。『サクラクエスト』は実直な地域おこしものとしての爽やかさ。『宝石の国』はCG主体の硬質でありながらしなやかな映像美が独特な視聴体験。『ネト充のススメ』は大人を主人公としたライトな恋愛ものゆえのこそばゆさ。

その他で印象に残ったシリーズを以下に。

続編は、『昭和元禄落語心中 -助六再び篇-』『この素晴らしい世界に祝福を!2』『スタミュ 第2期』『有頂天家族2』などがそれぞれ充実。ほかには、競技ダンスのイメージを変えるほどのパッションが物語にも作画演出にもみなぎっていた『ボールルームへようこそ』が鮮烈。CG作画主体のシリーズも印象的で、『けものフレンズ』はブームの後追いだったけど、村田蓮爾キャラクターの魅力が十二分に味わえた『ID-0』と前述した『宝石の国』はほれぼれするほど。視聴タイトルは少ないながら、バラエティに富んでいて楽しい一年だった。

劇場アニメは『BLAME!』『劇場版 響け!ユーフォニアム〜届けたいメロディ〜』『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』の3タイトルの鑑賞にとどまった。地方在住者にとって、大都市圏中心に増えるばかりの劇場アニメのフォローは荷が重すぎると感じているので、こんなもの。

来年の抱負みたいなもの。諸事情で十分にアニメ視聴に時間を割けなくなりつつあるが、テレビシリーズを主体に細々とやっていきたい。とりあえずは弊ブログ開設10周年がささやかな目標。

最後に、つつがなくアニメを楽しめる状況に感謝しつつ、今年のエントリを終えたいと思います。

訪問者のみなさま、一年間ありがとうございました。

それでは、良いお年を。