flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

フリップフラッパーズ 第12話「ピュアハウリング」

脚本:ハヤシナオキ 絵コンテ:押山清高、新留俊哉 演出:室谷靖、亀田祥倫 作画監督亀田祥倫、北田勝彦、杉薗朗子、新井博慧、飯田剛士、田中宏紀、田中志穂、寺尾憲治、高橋あやこ、臼井篤史、鄭印善

【概要】
ピュアイリュージョンにココナを閉じ込めてしまったミミ。後を追ってきたパピカとココナはミミの妨害に苦戦する。一方で、ソルトたちフリップフラップの面々も動き出していた。
【感想】
実験体にされ裏切られた恨みがパピカそしてソルトへの思いを上回るかのようなミミ。ココナとミミそれぞれと友人としての思い出を共有するのはパピカだけであり、だからこそミミとの面識がないヤヤカの後押しに熱くなれる。ヤヤカの口の汚さを嫌悪するミミについては、ココナが自分で見つけ育んだ友だちがヤヤカであり、母親が及ばぬ娘の自立を示唆しているのだと考えた。なので、ヤヤカをパピカに転写するような新たな変身形態の強引さも受け入れられる。
★★★☆