flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)昭和元禄落語心中〜助六再び篇〜 第一話

原作漫画未読。テレビシリーズ第1期視聴済み。

スタッフ

原作:雲田はるこ講談社ITAN」所載) 監督:畠山守 シリーズ構成:熊谷純 キャラクターデザイン:細居美恵子 落語監修:林家しん平 美術監督:黛昌樹 色彩設計:佐野ひとみ 撮影監督:越山麻彦 編集:松原理恵 音響監督:辻谷耕史 音楽:澁江夏奈 アニメーション制作:スタジオディーン アニメーションプロデューサー:浦崎宣光

キャスト

与太郎/三代目助六関智一 有楽亭八雲/菊比古:石田彰 小夏:小林ゆう 信之助:小松未可子 松田:牛山茂 樋口:関俊彦 アマケン:山口勝平 大親分:土師孝也 ヤクザ兄貴:加瀬康之 アニさん:須藤翔 萬月:遊佐浩二 助六山寺宏一 みよ吉:林原めぐみ

脚本:熊谷純 絵コンテ:畠山守 演出:久保太郎 作画監督:森本浩文、ウクレレ善似郎、木村友美

【概要】
八代目八雲に弟子入りして10年、真打に昇進した与太郎は、「助六」を襲名することに。八雲から聞かされた二代目助六との過去話に感銘を受けての決意だったが、すでに落語は時代に取り残されつつあった。そんな中、与太郎は樋口という作家と出会う。
【感想】
与太郎自らの落語によって前シリーズのおさらいをやってのける、作品コンセプトそのままの粋な再開に引き込まれた。与太郎のキャラクターがリードするだけあって、前シリーズに通底していたむせ返るような濃密さは控えめで、どこか軽やかですらある。それは与太郎が志向することになる新世代の落語を示唆しているようにも。もっとも、落語との「心中」を口にしてはばからぬ八雲が醸し出す不穏さが、一筋縄ではいかないであろうこれからのドラマを大いに期待させる。新しい落語は二代目助六の夢でもあり、その精神を継承することになった与太郎への八雲の愛憎が縦軸になるだろうから。髪型とともに雰囲気が変わったふうな小夏など、キャスト陣の好演があいまっての繊細な人物造形は相変わらずのすばらしさ。
★★★☆