flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)ハンドシェイカー 第1話「Conductor to Contact」

スタッフ

原案:GoHands 原作:GoHands×Frontier Works×KADOKAWA 監督:鈴木信吾、金澤洪充 シリーズ構成:金澤洪充 キャラクターデザイン:内田孝行 総作画監督古田誠、内田孝行 プロップデザイン:岸田隆宏 メカデザイナー:大久保宏 メインアニメーター:大久保宏、岡田直樹、立花昌之 美術監督:内藤健 撮影監督:戸澤雄一朗 編集:田所さおり 音楽:GOON TRAX 音楽制作:KADOKAWA 音楽プロデューサー:寿福知之、吉川明 音響監督:田中亮 音響効果:小山恭正 アニメーションプロデューサー:菊池貴紀 アニメーション制作:GoHands

キャスト

高槻手綱:斉藤壮馬 芥川小代理:諸星すみれ 槙原長政:森久保祥太郎 高槻結:雨宮天 北条璃々:茅野愛衣 橘友樹:小林裕介 東颯:石川界人 三津寺千鶴:上坂すみれ ブレイク:福山潤 バインド:日笠陽子 神の声:浪川大輔

脚本:八薙玉造、金沢洪充 絵コンテ:島津裕行、鈴木信吾 演出:横峯克昌 作画監督:内田孝行、古田誠岡田直樹、武本大樹、安達翔平

【概要】
機械いじりが得意な高槻手綱は、大学部の槇原研究室からの修理依頼を受ける。研究室に入った手綱は、ベッドで眠り続ける一人の少女を見かける。その姿にかつての記憶を重ねた手綱は、無意識に少女の手に触れてしまい……。
【感想】
まばゆいほどの明るさときらびやかな旋律による押し出しはまごうことなきGoHands流。そして、不自然に幼いキャラクターデザインと精細で美麗な色使いのアンバランス。モブキャラクターまで余すところなく動かす作画演出は、そのギクシャク感もあいまって人工的な手触り。機械を操る主人公の能力にフィットしていたようにも。映像体験としては面白かったが、物語的な興味はいまひとつ。
★★☆