flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

幼女戦記 第参話「神がそれを望まれる」

脚本:猪原健太 絵コンテ・演出:春藤佳奈 作画監督:谷口宏美

【概要】
初陣での功績を認められ兵站総監部への出向を命じられたターニャ。安全な後方での勤務にほくそ笑むターニャだったが、試験工廠における極めて不安定な試作機のテストパイロットという最前線以上の試練が待ち受けていた。身の危険を感じたターニャは転属願いを提出する。
【感想】
ターニャの強烈なキャラクターがぐいぐいけん引するプロローグに釘付け。反骨心としたたかさを併せ持った幼女という類まれなる造形が、すっかり血肉を帯びたものに感じられる。常に余裕しゃくしゃくではなく、マッドサイエンティストなシューゲルに振り回される豊かな表情がまたいい。ターニャが帝国軍でのポジションを確立するにつれ明らかになってくる「存在X」の全能ぶり。来るべきターニャの執念とのせめぎ合いに高揚せずにはおられない。
★★★★