flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

昭和元禄落語心中〜助六再び篇〜 第四話

脚本:熊谷純 絵コンテ:畠山守 演出:清水一伸 作画監督:宮田瑠美、酒井啓史、木村友美

【概要】
真打に昇進した与太郎はすっかり人気者になっていた。そんな中、息子の信之助が通う幼稚園で落語を披露することに。与太郎は下座として同行した小夏に『寿限無』をやれと高座に押し出すのだった。
【感想】
聡明な信之助の生き生きとした表情もさることながら、まさか拝めるとは思っていなかった小夏の落語がクライマックス。小夏の落語への思い入れを知る与太郎だからこそ、幼稚園の落語会を借りてでもその楽しさを味わってほしかったのだと。そして信之助にとっては予想もしなかったであろう母親の晴れ舞台、子供たちの素直なリアクションに上気する小夏に与太郎ならずとも嬉しくなってしまった。女性による落語も与太郎が志向する新しい落語のバリエーションを感じる。それを封じ込めようとする小夏の重心はいまだ八雲にあるということだろうか。
★★★☆