flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ACCA13区監察課 第4話「閉ざされた『国』のくすぶり」

脚本:鈴木智尋 絵コンテ:川尻善昭 演出:武藤信宏 作画監督:光岡美来

【概要】
大陸中北部のスイツ区を視察していたジーンは、不穏な動きを見せていた区民たちに拘束されてしまう。区民たちは閉鎖的な区の上層部たちへの不満からクーデターを企てていたのだった。
【感想】
伝統と格式を重んじて外界からの影響を排除した結果、近世レベルの文明にとどまっているかのようなスイツ区のありようが示唆的。中央で近代文明を享受するスイツ区出身の長官パスティスや代表ブールが古式ゆかしい故郷に思い入れる。別物とされるスイツ区におけるクーデターがドーワー王国のクーデターの入れ子のように感じられるのは、渦中のジーンをめぐる空気のせい。長く続いた平和が各地で静かなひずみを生じ始めている。説明セリフを抑えつつ作品世界の広がりを体感させる手際にほれぼれ。
★★★☆