flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ハンドシェイカー 第5話「Meet Yet」

脚本:八薙玉造、金澤洪充 絵コンテ:金澤洪充、鈴木信吾 演出:立花昌之 作画監督:内田孝行、古田誠、武本大樹、安達翔平

【概要】
バックアップを約束してくれた千鶴と颯がかかわるショールームに招待された手綱と小代理。その帰り道、街中で手綱は小代理とはぐれてしまう。小代理は手綱の通う学校の生徒会長である北条璃々と弟の勝の姉弟と行動していた。
【感想】
相手をよく知るからこそ戦いたくない、それでも譲れない願いがある。千鶴と颯のとき以上に手綱と璃々の時間が長かったからこそ、璃々の手綱への感情がちらついていたからこそ、璃々と勝の深いつながりが示唆されたからこそ、ジグラートにからめとられたクライマックスが陰影あるものになっていた。互いの戦意が誰に向けられたものか、それが明らかにされないゆえの悲劇性。過剰に甘々な璃々のリアクションが意味のあるものに感じられる。
★★★