flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

小林さんちのメイドラゴン 第7話「夏の定番!(ぶっちゃけテコ入れ回ですね)」

脚本:武本康弘 絵コンテ・演出:北之原孝將 作画監督:明見裕子、門脇未来、丸子達就

【概要】
翔太とルコアを連れて海に遊びに来た小林さんたち。小林さんから両親の話を聞いたトールは、自身の家族について思いをはせる。滝谷の手伝いに小林さんと夏のコミケにやってきたトールは、会場を埋め尽くす尋常ならざる群衆に人間の底力を思い知らされるのだった。
【感想】
不特定多数が集う海水浴場とコミケ会場において、これまで以上にトールの異種間コミュニケーションが掘り下げられる。トールの愁いを感じ取った小林さんが気分転換に変身をうながした前者もよかったけど、白眉は後者における来場者たちとの交流。小林さんを困らせまいときっちり役目を果たす順応性でもってつぶさに人間たちを観察していくトールの変化が細やかに拾われていた。放任状態でで悪食ぶりを発揮するカンナの野性味がアクセントに。
★★★☆