flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

南鎌倉高校女子自転車部 #8「みんなと一緒に!」

脚本:砂山蔵澄 絵コンテ・演出:鎌仲史陽 作画監督:小倉恭平

【概要】
終盤を迎えた「ナイタークリテリウム」、体力の限界を悟った冬音と巴は交代でひろみと夏海を先導する。そして先頭をひた走るクマさんをついに追い抜く。しかし、肩の限界がきた夏海が脱落するとともに、クマさんを陰にして東が猛追してきた。優勝はひろみ、東、クマさんの三つどもえに。
【感想】
ひろみのために仲間たちが道を開いていく熱い展開のはず。しかしながら、作画演出のテンション不足もあいまって、レースの緊迫感はさほど感じられずじまい。それよりは、負傷した夏海によるひろみの母そして冬音の姉との交流、コロネたち大人によるひろみへのサプライズなど、日常シーンのほうが印象深かったりする。ひろみの夢に出てきたユニコーン(フレームの化身)が男性声だったのは、ED曲にも通じるアクセントになっていてよかった。クマさんの正体が気になっているので、次回は楽しみ。
★★☆