flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

リトルウィッチアカデミア 第8話「眠れる夢のスーシィ」

脚本:うえのきみこ 絵コンテ:今石洋之 演出:中園真登 作画監督:坂本勝、長谷川哲也

【概要】
強力な魔力が得られるという薬を開発したスーシィは、いつものようにアッコで実験するのを惜しんで自ら飲んでしまう。翌朝、深い眠りについたまま目を覚まさなくなったスーシィの周囲からおびただしいキノコが生え始めた。ロッテによると「眠れる森の魔女」という病かもしれないとのこと。スーシィを目覚めさせるため、アッコがスーシィの夢世界に入るのだった。
【完成】
いつもは腹黒さばかりが印象的なスーシィの意外なほどニュアンスに富んだ内面世界。死刑判決の連発から処刑(未遂)シーンは自制そのものだし、「ロングラン」な映画はふだんなかなか見せることのない友達思いの一面。ロッテのようなおとなしいキャラクターでも面白くなりそうな題材だけど、あえてスーシィという謎めいた人物を選ぶことでシュールな味わいを醸し出していた。そんなスーシィの内側でいつものように暴れまわるアッコが頼もしく、目覚めてのスーシィ流の感謝(?)に現れていたように思う。両極端に奔放な2人をじっと待つロッテという構図もおいしい。唾を吐きかけるアルパカなスーシィが彼女らしいアクセントに。
★★★★