flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

リトルウィッチアカデミア 第10話「蜂騒ぎ」

脚本:島田満 絵コンテ:小林寛 演出:橘さおり 作画監督:花井柚都子、阪本麻衣、なつのはむと

【概要】
ハンブリッジ伯爵家でのパーティに出かけるというダイアナたち。ハンナとバーバラに挑発されたアッコは、ロッテとスーシィを道連れにパーティ会場に潜入する。ところが、アッコを問い詰めるアンドリューをスーシィの「恋のホレホレ蜂」が刺したことをきっかけに大騒動に……。
【感想】
思い立ったら即行動がモットーであるアッコからすれば、名門の家に縛られているアンドリューにいら立つのは分かる。逆に、父親から抑えつけられているアンドリューとしては、家柄に恵まれなくとも自由なアッコに憧れることも。ホレホレ蜂の効力から外れたような中庭でのやりとりがポイントで、アンドリューとしてはアッコへの好意がブーストされたことで、父親と一線を画す自身を確認することができたのでは。ロッテへの好意が変わらなかったフランクが何よりのエールになっていた。また、スーシィのイタズラ心がアッコとアンドリューの距離を縮めたのであれば、第8話における内面トリップがいっそうの陰影を帯びてくる。
★★★☆