flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

スクールガールストライカーズ Animation Channel 第13話「決戦! フィフス・フォースよ永遠に」(終)

脚本:吉岡たかを コンテ:錦織博佐藤卓哉 演出:錦織博 作画監督:長谷川眞也、冷水由紀絵、上田みね子、藤部生馬、冨岡寛、高橋沙妃、金澤龍、佐野はるか、坂本哲也、佐藤嵩光、古木舞、松元美季

【概要】
五稜館学園の上空に現れたゲートからおびただしいオブリが降下してきた。オブリから学園を守るビスケット・シリウス、ココナッツ・ベガ、プロキオン・プディング。オディールの助太刀を得たアルタイル・トルテは、五次元湖で対峙したオブリの魚拓を手掛かりに椿芽の後を追う。
【感想】
思わせぶりだった椿芽の正体がよく分からないままで不完全燃焼。どうせならオディールともどもモルガナに詳しく研究してほしかった気がする。そんな冗談はさておき、転校生として椿芽が帰ってくる大団円は予想できたものの、かつての記憶を保持したままの優しさは本シリーズらしかった。父親の弔い合戦という対モルガナ戦ゆえに、オディールが主役の座を奪った感はあったけど。異空間をさまよう椿芽の表情作画のなまめかしさがよかった。
★★☆