flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

龍の歯医者 後編・殺戮虫編

脚本:舞城王太郎榎戸洋司 画コンテ:鶴巻和哉、片山一良、寺岡巌、林明美、谷田部透湖、鬼塚大輔、吉崎響 演出:黒川智之、谷田部透湖、鬼塚大輔、吉浦康裕、吉崎響 作画監督:井関修一

【概要】
天狗虫によってむしばまれ地上に落下した龍の歯を追ってきた野ノ子とベル。セルペナーダの傭兵たちに見つかったものの、自国の兵たちに救われた。かつてベルを殺したセルペナーダのブランコたちは、奪った龍の歯によって結界に守られた龍本体への侵入を企てる。
【感想】
人を殺めることができないベルの優しさ。死にゆく宿命を受け入れる龍の歯医者たちをも否定するスタンスが、たぐいまれな悪運の持ち主だったブランコに引導を渡す。ひたすら自他を殺さないことに第二の人生を捧げたベルが、龍の歯医者たちを生かすことになる落としどころが切なかった。異国からやってきた少年の異物感そのものが物語の虫歯のごとく。
★★★