flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION- TRIP 13「AKIBA'S LAST TRIP」(終)

脚本:兵頭一歩 絵コンテ・演出:博史池畠 作画監督:満田一、鎌田均、大隈孝晴、李少雷、Park Jae seok、杉村友和、北川隆之、桑原寿弥

【概要】
再集結した電気マヨネーズは、政府の陰でアキバ禁止法の糸を引く「メトロチカ」の地下宮殿に乗り込む。メトロチカを仕切る破族の長、万世架ふかめは、過去にまとめがたもとを分かった祖母だった。
【感想】
迷いがなくなったタモツとまとめのコンビが実に頼もしい。まとめの長寿に驚きつつもあっさり流してしまうタモツには、さすが連綿と流れるアキバの文化を体現してきた器が感じられた。アキバを守護してきた破族とアキバを愛してきたタモツたちの親和性が電気マヨネーズを形作ってきたのだなと。したがって、未来のアキバからやってきた有紗とにわかにも納得。ぴゅう子のエピソード(第6話)が好きだったので、再登場は嬉しいサプライズ。
★★★