flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

小林さんちのメイドラゴン 第13話「終焉帝、来る!(気がつけば最終回です)」(終)

脚本:山田由香 絵コンテ:武本康弘 演出:三好一郎、澤真平 作画監督:丸子達就、岡村公平、池田晶子

【概要】
オムライスの材料を買うため商店街に来ていたトールは、ふとしたことで自身の内なる声と向き合う。それが前触れになったのか、ドラゴンの世界からトールの父である終焉帝がやってくる。
【感想】
第1話ラストを始め異種間交流のハードルはところどころで示されていたので、ここにきてのシリアス展開もすんなり。小林さんや滝谷さんら人間たちのおおらかさ温かさがドラゴンたちを緩衝してマイルドにしていただけ。そんな人間界を好きになったトールたちドラゴンの表情だけで十分すぎるほど終焉帝へのカウンターになっていた。調整すると言いながら上位種として人間を見下していた終焉帝からして、トールが和解できる日は遠いのかもしれないけど、小林さんと一緒の里帰りによってほんのりと光明がさした。
★★★