flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

BanG Dream!(バンドリ!) #10「驚いちゃった!」 

シナリオ:中西やすひろ 絵コンテ:大野和寿、羽原久美子 演出:大野和寿 作画監督:白井瑤子、沓澤洋子、岸本誠司、水谷麻美子、重松晋一、丸山大勝、冨田佳亨、阿部加奈子、清水拓磨、菊田裕司、谷口義明

【概要】
オーナーの都築詩船から「SPACE」を閉めることを聞かされショックを受けたPoppin’ Party。目標を失いかけたメンバーたちに絶対に合格しようと呼びかける香澄。練習を再開して再オーディションに挑む5人だったが、香澄に変化が起き始めていた……。
【感想】
ギターにほれ込んだ熱に浮かされたかのようにバンド活動に突き進んできた香澄。オーナーのきついダメ出しにめげることなく、一人だけポジティブ思考を崩すことはなかった。それが、自主練でも埋まらない疑問を振り払うようにひとりSPACEを訪れた際のオーナーからの一言でもろくも崩壊する。メンバーたちを差し置いて一人で行動したことがオーナーの気にするところだろうか。しかしながら、考えなしに突っ走ってきた香澄のアティチュードがPoppin’ Partyを形成したといっても過言ではなく、今度は仲間たちからのサポートが熱くしてくれそう。
★★★