flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)ID-0 DIG 01「魂魄遷移 MIND TRANCE」

スタッフ

監督:谷口悟朗 シリーズ構成・脚本:黒田洋介 アニメションキャラクター原案:村田蓮爾 アニメーションキャラクターデザイン:加藤裕美 メカニックキャラクターデザイン:海老川兼武 メカニックデザイン片貝文洋、高倉武史、柳瀬敬之 リサーチャー:白土晴一 プロップデザイン:岩永悦宜 モニターデザイン:影山慈郎 3DCGスーパーバイザー:今義和 モデリングディレクター:平井和希、武内泰久 リギングディレクター:四本大介 アニメーションディレクター:志賀健太郎、西野弘泰、三村厚史、中村基樹 美術監督:金子雄司 美術設定:平澤晃弘、岩熊茜 色彩設計:柴田亜紀子、北川順子 撮影監督:奥村大輔 編集;長谷川舞 音響監督:明田川仁 音楽:服部隆之 音楽プロデューサー:関根陽一、佐藤純之介 音楽制作:ランティス アニメーションプロデューサー:カルキ ラジーブ アニメーション制作:サンジゲン

キャスト

イド:興津和幸 ミクリ・マヤ:津田美波 リック・エイヤー:松風雅也 カーラ・ミラ=フォーデン:大原さやか グレイマン小山力也 クレア・ホウジョウ:金元寿子 ファルザ:小澤亜李 アマンザ・ボルチコワ:皆川純子 謎の少女:上田麗奈

脚本:黒田洋介 絵コンテ:谷口悟朗 演出:のがみかずお 2D作画監督:茶之原拓也

【概要】
惑星アカデミーの学生であるミクリ・マヤは、教授たちと小惑星の掘削調査に同行していた。意識を移したIマシンで現場にやってきたマヤたちだったが、予期せぬ事故に巻き込まれてしまう。教授たちからはぐれ1体になったマヤのIマシンは、掘削業者であるエスカベイト社の面々に助けられる。
【感想】
初見ではIマシンの設定に斬新さを感じたものの、トータルとしては懐かしさすら感じる王道的な作品世界に物語展開。世間知らずな学生がならず者たちの仲間にされて働くはめに、自分を見捨ててしまった教授たちへの復讐的な流れでも面白そうに感じたが、とりあえずは右も左も分からぬマヤの成長で楽しませてくれそう。それだけではなく、ストゥルティー号の面々がマヤを認める描写もされてバランスが図られていたし、どっしりと安定した作りが頼もしい。
★★★☆