flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

リトルウィッチアカデミア 第16話「ポホヨラの試練」

脚本:うえのきみこ 絵コンテ:小倉陳利 演出:鈴木芳成 作画監督:菊池政芳、関真弓、金璐浩、岸寛毅

【概要】
残る言の葉は4つ。アーシュラから自分の力でその意味を知らなければならないと告げられたアッコ。次なる言の葉「マエナブディシブード」はアッコに足りないものだという。その手がかりを探すべくアッコは3人でロッテの実家に向かうのだった。
【感想】
早くもアッコの言の葉探しがロッテとスーシィにも共有されたが、このトリオを本筋で機能させるには納得の展開。メインイベントである「緑人間病」特効薬の材料探しで、忍耐力のないアッコと思わせておいて、どんなときでもあきらめない行動力と根性こそがアッコなりの「忍耐」であることが伝わってくる。自信喪失したイエティをあの手この手でその気にさせたアプローチは忍耐がなければかなわないこと。そして、仕上げとなる雪道の単独行でふんばる姿に「アッコが3分以上我慢するのは、サンタクロースを探すより難しそうだ」というスーシィのセリフを回収するサミー人のおじさんとトナカイの救援に膝を叩く。以前と変わっていないようでいて、親友たちをピンチから助けるべく孤独に奮闘する姿は進歩の証かと。食べ物やサウナなどでアッコの忍耐力のなさをテンポよくコミカルに表現していく前段も効いていた。
★★★★