flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

アリスと蔵六 第4話「人でないモノ」

脚本:ヤスカワショウゴ 絵コンテ:山川吉樹 演出:関田修 作画監督:小田多恵子、飯塚葉子、佐藤元、棚沢隆、服部憲和、桜井木の実、七荻弐夜

【概要】
ミニーCらに連れ去られてしまった紗名。内藤から事情の一端を聞いた蔵六は鏡の門に導かれて紗名の前に現れる。ミニーCから自身の正体を知らされ自暴自棄になりかけていた紗名に蔵六は……。
【感想】
人間どころか生物のことわりから外れた紗名を真っすぐに見つめる「曲がったことが嫌いな」蔵六の優しさ。返す刀でミニーCの冷酷さを責め立てる蔵六の迷いのなさ。待ち続ける早苗の記憶を迷える紗名に重ねる構図も決まっていて、年の功という蔵六の強みが生きていた。セリフ回しをもう少し控えめに、表情や動きで語ってくれたほうが、いっそう好みだったけど。
★★★