flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

サクラクエスト 第4話「孤高のアルケミスト」

脚本:横谷昌宏 画コンテ:倉川英揚 演出:橋本千絵 作画監督:日下部智津子

【概要】
香月が一人暮らししていた古民家を引き払い木春と緑川とシェアハウスすることになった。間野山の伝統工芸である木彫りに着目した木春は、いかにして木彫り村に観光客を呼ぶか計画、略して「いかきぼ計画」を立ち上げる。話し合いの末に伝統工芸と町の発明家ドクの先端技術のコラボレーションを思いつくのだが……。
【感想】
サブタイトルになった「孤高の錬金術師」については、発明家であるドクと木彫り職人である一志のダブルミーニングと解釈した。常識にとらわれない前者と伝統を守り続ける後者のギャップは、そのまま国王と大臣たちが目指す道すなわち地域おこしの困難さとわずかな可能性を示しているように思えた。自信に満ちていた態度とは裏腹に謙虚な香月の人柄は好感が持てるが、木春の宙ぶらりん感と共鳴していっそう空気を重苦しくしている。大臣たちの顔ぶれを見るに起爆剤になりそうな人材が見当たらず、だからこそ目が離せなくもある。
★★★