flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

リトルウィッチアカデミア 第17話「アマンダ・オニール・アンド・ホーリー・グレイル」

脚本:佐藤裕、大塚雅彦 絵コンテ:摩砂雪 演出:金子祥之 作画監督:石毛理恵、杉本ミッシェル、五十嵐海

【概要】
シャイニーロッドが示唆した次なる言の葉は古い歴史や伝統に関係があるらしい。それを聞いたアマンダは、名門のエイプルトン校に隠されているというブライトンベリーの聖杯を探しに行こうとアッコをそそのかす。ネズミと男子生徒に化けて潜入したアッコとアマンダだったが……。
【感想】
言の葉にしか眼中のないアッコ、騒動を起こしたいだけのアマンダ、接点がありそうでまったくないルーナノヴァが誇る(?)問題児コンビの大立ち回りが痛快だった。それも1000年の歴史を誇る名門男子校における魔女の悪さという格好のシチュエーション。学校の財産を手に入れたいがための無断侵入、騎士道にのっとった決闘における卑劣な手段、そしてエイプルトンが忌み嫌っていた魔法による一発逆転、アマンダとルイスのケンカ両成敗な落としどころが気持ちよい視聴後感。ルーナノヴァでも披露した身体能力を見せつけるアマンダによる近接アクションの見ごたえはもちろんのこと、アンドリューの姿を見たとたんに慌ててネズミに変身したアッコなど、ほほえましいシーンにも事欠かない。
★★★☆