flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

サクラクエスト 第5話「ユグドラシルの芽生え」

脚本:横谷昌宏 画コンテ:室井ふみえ 演出:太田知章 作画監督:横山沙弓、渥美智也、市原圭子、LEE SANG JIN、森島範子、杉光登

【概要】
一志に痛いところを指摘された香月がリタイアしてしまう。気を取り直すように木春たちは「自習」として間野山彫刻について勉強しなおす。その成果を持ち寄って間野山の駅舎内に彫刻をあしらってPRする「いかきぼ計画」転じて「間野山彫刻と“桜池ファミリア”計画」が動き出した。迷いのなかにあった香月もさまざまな人たちの示唆を受けて戻ってくる。
【感想】
時代とともに変わっていく間野山彫刻のありかたに「自分の代わりなんていくらでもいる」という香月の境地を重ねる。一人の一生では足りない長い時間が必要だからこそ、その人ならではの個性を連綿と続けていかなくてはならない。一朝一夕にはいかない地域おこしの困難さが凝縮されているようで、晴れ晴れとした木春たちの表情とは裏腹にビターな視聴後感を抱いた。食事をすすめたり、お茶を出したり、さりげなく気づかい合う登場人物たちの描写がとてもよくて、テーマに起因する閉塞感を和らげてくれている。
★★★☆