flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Re:CREATORS #05「どこよりも冷たいこの水の底 "So, why don't we have ourselves a guys' night out?"」

脚本:広江礼威中本宗応(ライトワークス)、あおきえい 絵コンテ:あおきえい 演出:栗山貴行、滝川和男 作画監督:佐竹秀幸、滝川和男、福岡茜、武智敏光、粟井重紀、陸田聡志、丸岡功治、吉矢好二、神戸洋行、中村慎吾

【概要】
脚本家、中乃鐘昌明の自宅に現れた『無限神機モノマギア』の主人公、鹿屋瑠偉と彼が操縦する巨大ロボット「ギガスマキナ」。中乃鐘からの連絡を受けてかけつけた颯太たちの前に、自衛隊が襲撃してきた。颯太たちはそろって政府の特別事態対策会議による事情聴取を受けることに。
【概要】
颯太のまわりに集まってきた被造物たち、菊地原亜希を始めとする政府側の官僚たち、双方の物わかりのよさに若干の上滑り感を覚えつつも。メテオラの口から発せられた「神々の世界」への愛情には、颯太たちとの交流をじっくり描いてきただけのものが感じられたし、被造物たちの核心に迫っていた政府側の態度にしてもこれだけの事件が公衆の面前で起こっているのだから違和感はない。被造物たちからのメッセージを受け止めてのクリエイター側からの回答という構図が軍服の姫君そして颯太に収束、会話劇主体であっても退屈しない。
★★★☆