flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

進撃の巨人 Season 2 #33「追う者」

脚本:小林靖子 絵コンテ:牧原亮太郎 演出:河井ゆう美 作画監督手塚響平、門倉世央子、横山愛、室山祥子、山田歩

【概要】
鎧の巨人を組み伏せたエレン。勝負あったかに思われたが、壁の上から超大型巨人が落下してくる。その混乱に乗じてエレンとユミルは連れ去られてしまった。超大型巨人の熱風によってダメージを受けた調査兵団の面々。ミカサが目を覚ました時にはすでに5時間が経過していた。
【感想】
ミカサによる回想はエレンの特殊性を物語るものだったけど、気がかりはコニーのセリフのとおりライナーとベルトルトがどこまで真相を明かしてくれるか。コニーの家にいた動けない巨人そして獣の巨人を始めとして謎が増えていくばかり。いかに人物描写や戦闘描写のテンションが高くとも、このままでは興味が続きそうにない予感がしてきた。
★★★