flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Re:CREATORS #08「わたしにできるすべてのこと “I CHOSE this way of life.”」

脚本:広江礼威、高崎とおる、あおきえい 絵コンテ:林宏樹 演出:馬川奈央 作画監督:岡崎洋美、森美幸

【概要】
ついに「軍服の姫君」の正体にたどり着いたメテオラたち。一方で、先んじて軍服の姫君の正体を知った颯太はひとり悩んでいた。メテオラに悩み事を打ち明けた颯太は、一部始終を見ていた真鍳に目をつけられてしまう。そのころ、颯太から軍服の姫君ことアルタイルの真意を聞かされたまみかは、決意を秘めてアリステリアに別れを告げる。
【感想】
アルタイルとのファーストコンタクトそしてメテオラに打ち明けた悩みから、颯太と「シマザキ セツナ」の関係性はある程度まで予測できる。それはさておいても、物語の設定に恨みを隠さないアリステリア、物語の設定を神々の世界に持ち込んだまみか、そして物語ではなく神々の世界での扱いに恨みを募らせるアルタイル、と被造物たちのスタンスがくっきりと分かれた感がある。すべての被造物そして世界を救いたいと願うまみかが、メテオラたちとは共闘できずに孤独な戦いを強いられる流れのやるせなさ。女児向けアニメの主人公らしからぬ造形がむしろもの悲しさを強調するかのよう。
★★★