flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

夏目友人帳 陸 第七話「ゴモチの恩人」

脚本:吉永亜矢 絵コンテ・演出:金森陽子 作画監督:川添政和、川妻智美

【概要】
貴志の前にゴモチと名乗る妖怪がレイコに礼をしたいと現れる。レイコが他界してしまったことを聞かされたゴモチは、レイコとの昔話を貴志に話し始めるのだった。それは、森の実力者であるヒャッコとセンキが一方的に嫁候補にしたキブネをめぐっての争いへの介入であり……。
【感想】
自由奔放で大胆不敵なところは違っていても、曲がったことは許せない正義感は孫の貴志にそっくり。過去エピソードでも描かれてきたレイコの独擅場再びといったおもむき。歯に衣着せぬ物言いながら人間たちからも妖怪たちからも距離を置いていたレイコ。そんな亡き祖母の無念を晴らすかのように妖怪たちの宴席における控え目ながら誇らしげな貴志の表情に泣けてきた。
★★★