flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Re:CREATORS #09 「花咲く乙女よ穴を掘れ “The world requires choice and resolution.”」

脚本:広江礼威、高崎とおる、あおきえい 絵コンテ:林宏樹 演出:郄田昌豊 作画監督:古矢好二、久松沙紀、加藤里香、山本碧

【概要】
アルタイルを説得しようとしたまみかだったが、その逆鱗に触れ致命傷を負ってしまう。何とか逃げおおせたまみかは真鍳にメッセージを残してアリステリアの腕の中で息絶える。しかし、まみかの言葉は真鍳の話術によってアリステリアに誤った形で伝達されるのだった。
【概要】
水と油というには生ぬるいほどあまりにもかけ離れたアリステリアと真鍳が、さまざまなフィクションの登場人物が交錯するシリーズを象徴しているかのよう。投げかけた問いかけを相手に否定させることで因果を逆転させるのが真鍳の能力だとすれば、アリステリアの実直さこそがカウンターになりそうなものだけど、そこまで届いてくれないところがもどかしい。アルタイルから距離をとりながらメテオラ側の登場人物たちを転がしていく真鍳という構図はストレスフルなので、早いとこ颯太の行動を拝みたいもの。
★★☆