flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

夏目友人帳 陸 第八話「いつかくる日」

脚本:國澤真理子 絵コンテ:梅本唯 演出:岩崎太郎 作画監督:田中織枝、山粼絵里

【概要】
学校帰りに少し離れた町までやってきた貴志は手紙を拾う。その手紙の持ち主である葵と名乗る男性と知り合った貴志は、手紙にまつわる過去を聞かされる。貴志は葵に内緒で手紙の差出人である園川葵という女性に会いに行くのだった。
【感想】
妖怪の男性と人間の女性による恋物語。幼少時に香からもらったあめ玉を今も愛好する葵に、妖怪と人間に流れる時間のずれが感じられる。だからこそ、妖怪より寿命が短くとも自身の気持ちに正直であろうとする香のほうが、一線を引こうとした葵を動かしたのだと。来るべき別れのために泣くのではなく、今ある幸せのために泣きたい。前回エピソードのレイコと妖怪たちに重ね合わせるといっそう味わい深くなる。
★★★