flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Just Because! #10「Childhood’s end」

脚本:鴨志田一 絵コンテ:林直孝小林敦 演出:高村雄太、林直孝 作画監督:ランチ・BOX、小美野雅彦、滝吾郎、福田周平、小澤円、室山祥子、舘崎大、関口雅浩、浦野達也、福井麻記、田中優

【概要】

推薦が決まったのに受験勉強を始めた瑛太。新たな志望校に向けて受験勉強に励む美緒。バレンタインの日になって気もそぞろなクラスメイトたち。葉月に誘われていつものグラウンドにやってきた陽斗。写真コンクールを間近にした恵那は、再び瑛太と向き合おうとする。

【感想】

決めかかった自身の進路を変えてまで思いを遂げようとする瑛太と美緒。決まってしまったそれぞれの進路を受け入れて歩みをそろえようとする陽斗と葉月。運命の日であるコンクールをきっかけに自身の気持ちに整理をつけようとする恵那。それぞれに共通するのは、頑張る相手に向けたエールの交換。恵那が買ってきたたくさんのお守りが象徴的。葉月にチョコレートをもらった陽斗が自転車に乗るくだり、街灯に照らされ現れる自身の影を立ちこぎで追い越すような描写に、期待していたであろう展開とは異なっていた高揚感をみた思い。手作りの義理チョコに喜ぶ写真部同志たちがよかった。