flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Wake Up, Girls!新章 第12話「私たちにできること」

脚本:松田恵理子 絵コンテ・レイアウト:板垣伸 演出:田辺慎吾 作画監督:菅原美幸、吉田智裕

【概要】

VドルであるマキナXの公演にツアーのファイナル会場を買収されてしまったWUG。そのころ、I-1でもセンター候補として志保を戻すためNEXT STORMの解散が言い渡されていた。WUGのメンバーたちは双方を解決すべく動き出す。そこで、裏方を志願した歩、音芽、いつかに白羽の矢が立つ。

【感想】

北のWUGに西のNEXT STORMそして東京のI-1と、包囲網ががかっちり決まってきた。さらには、手作りファイナル会場設営に重なってのRun Girls, Run!のデビューと、ローカルアイドルとしての意地を見せるには格好のシチュエーション。丹下から白木へ、志保から早坂へのアプローチからすると、Vドルとの全面対決になりそうだが。元I-1の真夢に反感をあらわにすることもあった佳乃の変化に、まとまったWUGが感じられ頼もしい。