flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Code:Realize ~創世の姫君~ chapter 12「ぬくもり」(終)

脚本:ハラダサヤカ 絵コンテ:山本秀世 演出:山本秀世 作画監督:石井明治

【概要】

天球儀のなかに取り込まれたカルディアは、アイザックの記憶に触れる。アイザックの一部になりかけたカルディアだったが、そこに差し伸べられた手があった。

【感想】

現在のカルディアとフィーニスがアイザックの実子ではないことは、過去エピソードから明白だけど、だからこそ父親との決別そして新しい家族であるルパンたちのぬくもりが染みてくるものになっていた。カルディアの背景としてエレインとのエピソードが効いていたし、アイザックの先兵として多くの人々を犠牲にしてきたフィーニスとの別れにも納得。フィーニスが発した「出来が悪い」カルディア評そのままに、科学をくつがえす人としての思いの強さが奇跡をなすという。行きつくところまで行ってしまったエンディングの余韻はいまひとつだったかな。