flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

魔法使いの嫁 #8「Let sleeping dogs lie.」

脚本:高羽彩 コンテ:佐野隆史 演出:河井ゆう美 作画監督手塚響平湯本佳典、田中耕平、井川麗奈

【概要】

深手を負ったチセに逆上して変貌をとげたエリアスは、カルタフィルスのキメラに襲い掛かった。意識を取り戻したチセは暴走するエリアスを止める。全貌を現したカルタフィルスのキメラの姿に、ブラック・ドッグのユリシィは衝撃を受け、チセは怒りをあらわにするのだった。

【感想】

ひょうひょうとした普段が嘘のように変貌したエリアス。ローテンションで言葉少なだったチセが見せた高ぶり。ウルタールでの悲劇を目の当たりにしたチセだったからこそ熱くなれた。自分を見失って暴走した互いをクールダウンさせたチセとエリアスの二人三脚ぶりが頼もしく温かい。イザベルの再来のようなチセに居場所をみつけたユリシィの流れも無理なく収まっていた。