flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

いぬやしき #07「渡辺しおん」

脚本:瀬古浩司 絵コンテ:西本由紀夫 演出:下司泰弘 作画監督:松本昌代、近藤圭一、加藤雅之、長岡康史石田千夏、北山修一、阿比留隆彦、青野厚司

【概要】

自身のしてきたことそして正体を渡辺に打ち明けた獅子神。すべての人間を殺し尽くすと宣言した獅子神に、置いて行かないでと懇願する渡辺。殺された人たちのことを悲しんだ渡辺のために、今度は人助けをすることにした獅子神だったが……。

【感想】

他人を迷いなく殺害する冷酷無比な一面と亡くなった身内を思って涙を流す純粋さ。そのはざまで息を潜める、投身自殺者をトリガーにしての生に対するゆがんだ欲望。母親に代わる渡辺という安息を得て、獅子神の危うい本質がむきだしになる。幸せを与えてくれる人の言葉で殺人を思いとどまってきた獅子神だが、犬屋敷をなぞるような人助けのとてつもない反動がきそうで、今から恐ろしい。