flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)ハクメイとミコチ #01「きのうの茜 と 舟歌の市場」

原作漫画未読。

スタッフ

原作:樫木祐人KADOKAWAハルタ」連載) 監督:安藤正臣 シリーズ構成:吉田玲子 キャラクターデザイン・プロップデザイン:岩佐とも子 総作画監督:岩佐とも子、伊藤麻由加 背景美術:草薙(KUSANAGI) 美術監督:栗林大貴 美術統括:須江信人 美術設定:須江信人、綱頭瑛子 色彩設計:南木由実 撮影監督:中川せな 編集:及川雪江(森田編集室) 音響監督:飯田里樹 音楽:Evan Call 音楽プロデューサー:吉江輝成 音楽制作:ランティス アニメーションプロデューサー:比嘉勇二 アニメーション制作:Lerche

キャスト

ハクメイ:松田利冴 ミコチ:下野柴野 コンジュ:悠木碧 セン:安済知佳 イワシ:松風雅也

 

脚本:吉田玲子 絵コンテ・演出:安藤正臣 作画監督:金子美咲。藤田亜耶乃

【概要】

森の中に暮らすハクメイとミコチのところに、「夕焼けトンビ」が目撃されたとの情報が入る。夕焼けトンビに夜明けに出会うと願いが一つかなうという。ハクメイは夕焼けトンビを見に山頂に行こうとミコチを誘う。別の日、ミコチはハクメイを連れて漁師町に買い出しに出かけるが……。

【感想】

淡々とハクメイとミコチの日常を映していくだけ。無粋な設定語りなどまったくない。視覚に入ってくる情報によってのみ二人がどんな存在か次第に分かってくる。尖ったところはどこにもないが、たくましく生きるハクメイとミコチの毎日を見届けたくなった。二分割などの枠を多用する演出はいささかうるさく感じてしまったが、エピソードを重ねれば慣れそうだ。